Vol.0090 '04/12/07

indexページはこちら

早くも...今年の名アルバム達!!
12月7日

いよいよ“師走”ですねぇ。

本当に一年が早い!! どうしたものでしょうか...この間まで暖かかったのに、今やダウンのコートが手放せない位です。

さて、個人的に良かった...今年発表された韓国アーティストのアルバムをまとめてみます。
あくまでも“個人的に”ですよ...

★3号線バタフライ/“Time Table”
 今までの彼らの路線上にあるのは確かだが、一枚脱ぎ捨てた感じでしょうか。キッチュなセンスも良いし、曇っていた空がついに晴れた、といった感じとも言えます。ただ、多くの彼らのファンがこのバンドに期待するものが“曇り”だったようで...。もう、むずかしいのはどうでもいいんです。これです、いいアルバムです!!

★ソウル電子音楽団/“ヴォリュームを上げろ”
 韓国ロック界の兵、シン・ユンチョル氏率いる新バンド。60年代からオルタナティヴやギターバンドまで、その流れを韓国ロックを通して一気に楽しめるアルバム。本当にいい曲を創る人だと思う。ギターは...もちろん最高ですよ!! ワンダーバードが好きなら、絶対買いましょう。そうでない人も...

★シデリック/“FIRST AID KIT”
 イ・スンファン氏で御馴染み、DREAM FACTORYからのリリースだ。とにかく作り込んだ感のあるアルバムだが...ライヴでは一変、オルタナティヴかつパンキッシュに展開する。個人的に惚れ込んでいるバンドだ。
ヴォーカルの声&キャラクターもまたなんとも言えず良い!!70‘sジャーマンなエレクトリック感もチラリと...

★イ・スンヨル/“この日、この時、この頃に...”
 元U&ME BLUEのメンバー。とにかく声にやられた。ライヴで聴いて、さらにやられた。深く、透き通っている声...ジーンときます。U&ME BLUEもめでたく再発したので、合わせて買いましょう。感動も倍増しますよ。


再発もMAGMA、KEY BROTHERS、ピピ・バンド、ファンシネ・バンド等...少しずつではありますが、再発と共に再評価が始まっています。この調子で再発されていけば、韓国ロックの歴史も深まるでしょう。


さて、私ですが...
結局年内帰れず...元旦に戻るハメに...ま、予想してはいましたが、31日に年越しライヴ@Soundholicです。
お暇(!?)な方は是非是非お越し下さい!!日本人歓迎です...

 

 

 

ソウル電子音楽団
“ヴォリュームを上げろ”

イ・スンヨル
“この日、この時、この頃に...”

3号線バタフライ
“Time Table”

シデリック
“FIRST AID KIT”


その“今年のアルバム”のジャケ達です。他にもいいアルバムがあったのですが...
とりあえずコレで...!!

 

 長谷川陽平

 

前のページ/次のページ

 
 

indexページはこちら