Vol.0052 '03/10/22

indexページはこちら

釜山情報大学、日帰り~

10月22日

釜山情報大学での学園イベントのため釜山に向かう。
皆忙しい身のため、個人の出演スケジュールによって各自バラバラに向かう...というフレキシブルな方法をとっての釜山ツアーとなった...何だか胸騒ぎが朝からしたのだが...

やはり!!!のハプニング。我々キムCを除いた3人とカン・サネバンドのキーボーディスト、コ・ギョンチョン、ユン・ドヒョンバンドのスクラッチ、ソンムンとローディーの連中、マネージャー1名でのバス移動だったが...いきなりうちのドラムが遅刻。出発時間を過ぎたのをおかしく思い、電話してみると...“あ...今起きた”...“またまたぁ冗談でしょ??”(これを5回ほど繰り返してください)、といった具合。呆れた。彼は高速バスで釜山に向かうことに...
さらにメイクのヨンモ嬢が金浦空港にて飛行機に乗り遅れた、とパニクっているとの連絡あり。マネージャーが向かい何とか解決したが...そんなこんなで、バスは結局1時間半程遅れて出発した...

高速のサービスエリアにて激マズい冷麺(...今までの中でダントツ1位。芸術的マズさ。ただの水にビニールで作った麺が浮いている、と思ってください)を食べ、釜山に到着したのは6時間後...レイジーボーンのリハは終わっていた。飛行機にてソウルから飛んできたサネさんとキムCに合流、リハを行う。お、今日はモニターもイイぞ...

いやはや、スゴイ人!!ユン・ドヒョンバンド、カン・サネ、レイジーボーン、トゥゴウン・カムジャの無料公演ということで、情報大学生から近所の中・高校生、アジュンマ、アジョシ...運動場はギュウ詰めとなった。我々の出番は二番目と三番目。ステージに上がり、まずはトゥゴウン・カムジャの曲を5曲演奏。さらにサネさんを呼び、演奏を続けるのだが...ウワッ、リハと全然違うバランス!!!!こりゃあマイッタ。慣れてはいるのだが、最初が良かっただけに、ガッカリ度も倍増...無難な演奏で切り抜けはしたが...

会場から去る時は大パニック!!人々が通せんぼをしてしまい、出るに出れない。バスをガンガン叩き、“ワー!!”“ギャー!!!”と叫ぶ。あぁ。危ない...窓の外から私に向けて、自分の携帯番号をずーっと見せつづける女子中学生が印象的だった。見ないとガラスをガンガン叩きまくり、チラリとみるとニコニコ笑って携帯番号を見せてくる...走って校門までついて来るし...あ、もちろん電話はしませんでしたが...

日帰りで家に帰っても、長い間ルスにしていた気分になるのは私だけでしょうか...!?




 

フリーのセカンド。泣きます、泣かせます...
 

 長谷川陽平

 

前のページ/次のページ

 
 

indexページはこちら