Vol.0032 '03/08/13

indexページはこちら

グンサンにて...

8月13日

...つながってます、精神的にも肉体的にも...何がって...前日とです。昨日が今日で、今日は今日...

車の中で徹底的に寝てやろうと思っても、これがまた中々うまくいかないのだ。向かうは全羅道のグンサン、KBS“FM人気歌謡”の公開放送収録である。

現場に着いてみると、ものすごい人の量!!中高生やらアジュンマやら...収録の4時間以上前だというのにものすごい人出だ。やはり“舞台の真前”を陣取りたい、という気合充分である。

出演者は我々の他に、セヴン、パク・へギョン、イ・ジョンヒョン、ジャン・ヨンジュ、キム・ギョンホ等々...
ライヴ演奏を行うのは我々以外にはキム・ギョンホ氏のみということである...不安だ。

リハーサルはキビキビ行われた。やはり音が...問題大有りである。楽器レンタル会社はよくソウルでも一緒に仕事をするので、まぁ問題はない。音響、である...ほぼ素人のような感じだ。まず音が返って来ない...大きいステージでこれは致命的だ。“もっと音を上げて下さい”って言ったってまるでダメ。こりゃあマイッタ。

リハーサルを終え食事をしに出向く。“全羅道は美味いモノが多い”ということだ。
ある食堂が目に付き、そこに入ることに。駐車場も建物もでかい!!さすが地方都市、である。中に入ると“何しに来ましたか?”と従業員が尋ねてきてビックリ。何しにって、メシ喰いに来たに決まってるでしょ..カルビチム(牛肉の煮込み)を2日連続でいただく...ウマイ!!とにかく肉が軟らかく、骨からもスッと剥がれる。甘辛の味付けは濃くもなく薄くもなく...腹いっぱい食べてしまう。

会場に戻るともうパニック状態、車が渋滞しているのである。楽屋もギュウ詰め、我々はバンで待つことに。
楽屋前でジャン・ヨンジュ氏と会い挨拶する。先日ラジオの収録で一緒だったのだが、その時は白のTシャツにジーンズというラフな格好だったため...挨拶されたときに“えーと...”と一瞬戸惑った。挨拶して数秒後に“あぁ!!”と気付く。化粧&衣装がびっちり決まっていた。さすが、ですな...

DJはイ・ミヌ氏とキム・ジョンフン氏。人気者の登場に沸きに沸く観客...我々はそんな中ステージに出る。
イ・ジョンヒョン氏の後、挨拶してセッティング。イ・ミヌ氏がこっちに向かって一礼してきた...私も一礼する。
演奏が始まる...とにかくヒドい音、何にも聞こえない...その後ステージに上がってきたカン・サネ氏もズッコケる。
パッパッパッパと曲を終え、ササササっとバンへ。

後々で“ベースドラムにマイクがセッティングされていなかった”“アンプ前のマイクが真上向いていた”等の発言も...
サネ氏も“いやぁ、イベントとかでこんなに早く終えたことないよ...”と苦笑い。
前日の“テレ・コンサート”が良かったために、なおさらヒドく感じた我々であった...


 

ジャン・ヨンジュ氏のファースト・アルバム“Something Special”です。詩集&CDのメルヘン(?)溢れる作品です...

 長谷川陽平

 

前のページ/次のページ

 
 

indexページはこちら