Vol.0015 '03/07/10

indexページはこちら

“ユン・ドヒョンのラヴレター”にて

7月8日

KBSの“ユン・ドヒョンのラヴレター”に出演する。出演はハン・ヨンエ、キム・ジョンソ、THE THE、そしてトゥゴウン・カムジャの4組。ユン氏と旧知の仲であっても、韓国のアーティストにとって地上波の重要な番組とあり、かなり念入りに打ち合わせを行う。...とはいえ、我々よりも事務所の人々が緊張気味。メンバーと“ま、気楽にやればイイよ”と話す。程よく緊張...

リハーサルはドライリハとカメラリハの2回。...しかし、とんでもないハプニングが!!
何と、キムCが舞台にポッカリ開いた穴に落ちてしまった。これは舞台監督の大ミス...リハ中に舞台の板を換えようとして穴がポッカリ開き、そこにキムCがそれに気付かず落ちてしまった...、という訳。
キムCにケガはなかったものの、抱えていたGIBSON J-45にヒビが入った。ギターが衝撃を和らげたのだが、何とも言えぬ状況に。身体が一番!!なのは勿論だが...

この事件がきっかけで、同じ楽屋だったTHE THEと話すようになった。話してみれば、印象と全然違いビックリ。
リーダーでギターのキム・ヨンジュン氏は“テレビやラジオの公開放送だと、殆どがダンスグループとの共演だし...こうやってバンドの人たちと話したかったのに、機会がなくて...”と、トークが一気に爆発。本番までの待ち時間、殆ど彼らと話していた。ヴォーカルのハン・ヒジョン嬢が“皆一緒に写真を撮ろう!!”と盛り上がる。終わってから一杯やることに...

本番の演奏はまずまず...しかし我々の曲に合わせて踊ってくれたダンサー(イ・キテ、コ・ギョンチョン、ユン・ドヒョン)のおかげで大盛り上がり。大いにノッて(死語!?)演奏できたので、それが見ている人たちにも伝わることを祈るしかない。楽屋に戻ると、キム・ヨンジュン氏が私に“ギターの音、良かったよ!”と一声掛けてTHE THEはステージに向かっていった。ありがたや...

ハン・ヨンエ氏は堂々のステージ。実力派若手ミュージシャン(チャン・ヨンギュ、カン・ギヨン、シン・ユンチョル等)の個性的な演奏も光る。キム・ジョンソ氏はかつてのヒット・ナンバー“キョウルピ”“アルムダウン・クソク”等を連発、客は大合唱に...

打上げの席で、キム・ヨンジュン氏は“かつてのTHE THEのイメージを拭いたい”と打ち明けていたのが印象的だった。
色々と所属事務所での立場やミュージシャンとしての悩みを語り、そのことで親近感が沸いた。音楽をやる側の悩みは共通点が多いなあ、と認識する。もちろん、酒がすすんだのは言うまでもないですね...

ちなみにあのギターは弁償ということになりました...

 

バンドとなったTHE THE、パク・へギョン時代からの通算4枚目。やはりメロディーラインが印象的です。
ハン・ヒジョン嬢はグレッチのシルバージェットが似合うチャーミングな女のコでした...エフェクターもしっかり使い分けて弾きます!!
 

 長谷川陽平

 

前のページ/次のページ

 
 

indexページはこちら