Vol.0001 '03/06/18

indexページはこちら

MR?AR?

6月某日

トゥゴウン・カムジャの2集(写真はそのジャケット)プロモーションが始まって初のテレビ出演。ケーブルテレビの『ショウキングM』だ。
BoA、ユージン、オク・ジュヒョン、シュガーなどといったメジャー所に混じった我々...やはり慣れない。
2回分録画なので30近くのグループ・歌手が出演するのだが、バンド系はナビヒョグァ、THE THEとトゥゴウン・カムジャの3組のみ。

ナビヒョグァのキム・パダ君と久々に会って話した。
『今日はARだよ。昨日酒飲んで調子があんまり良くなくて...』

韓国音楽がお好きな方ならご存知でしょう...ARとMR、いわゆる『口パク』というヤツ。
ARは全くの口パクで、MRは『カラオケ』状態...つまり歌抜きのオケに生で歌を歌うというもの。
我々はMRでの出演だったのだが、セッティングが不要なので楽は楽なのだが、とにかく気恥ずかしい。
ダンスグループのように、踊るわけでもないし...音にあわせて手を律儀にあわせるのもナンだし...

いわゆる放送での『ライブ』というと殆どがこの形で、バンド系の人々が本当に演奏する番組は、ラジオ・テレビ合わせて5、6個程度というのが現状。なかなかバンドが電波上で『生演奏』をするのは難しいですなあ...


 

 長谷川陽平

 

次のページ

 

 

indexページはこちら