98年12月10日号 ハンギョレ 21 hangyore2198_12_10fr.jpg (4335 バイト)

忘却の写真で話す
写真映像の年の最後に ‘韓国写真歴史展’… なくした日常の痕跡もそのまま

hangyore2198_11_30_1.jpg (8866 バイト)

 

(写真/辛未洋擾(註;1871年、朝鮮開国を求める欧米列強との争いで起きた事件の一つ。この時はアメリカ艦隊を打ち払った)時、冠(カッ)と常套(サントゥ)を身につけた朝鮮人.)

韓国写真に歴史はあるのか. 今、芸術の殿堂 美術館 1, 2, 3室をぎっしりと埋めている1400余点の写真は“そうだ”と語りかけている. 暗い暗室で、印画紙上に鮮明な白黒で浮かび上がるネガティブフィルムのように, ‘韓国写真歴史展’(11月20日〜12月19日)は、この土地で初めて韓国写真史120年を私たちの頭の中に印画しようとしている.

韓国写真史研究所が5年にわたって準備してきたこの展示は、第1領域‘歴史の 展開’, 第2領域 ‘日常の生活と写真, イメージ’ という大きく二部分に分けて、全部で18部にわたり、最初に時代区分をしたという点で注目されている. ‘写真映像の年’が静かに暮れていく今, 私たちの写真史が、展示の形態を借りて現れた.


韓国写真120年, 最初に時代区分


(写真/1930年代の 舞踊家 チェ・スンヒ.) hangyore2198_11_30_2.jpg (12181 バイト)

韓国で写真はいつ開始したのか. 展示は17世紀に逆上る. ジョン・ヤクヨンが使った‘漆室パリョアン’という言葉は、韓国に写真という概念が入った原点を指す. 暗い部屋(漆室)にレンズ(パリョアン)があるという、この単語は‘カメラオブスクラ’の原理を説明している. 李ウィイクが残した<連行抄録>に‘写真’という用語が初めて登場して、韓国写真前史の幕が上がる.

今年を韓国写真史120年とするで理由は、このように実学者たちの概念と著述中に現れた写真が実際にこの地に導入された時点が1884年であるためだ. 今回の展示で初めて公開された辛未洋擾(1871) 時の写真は、外国人写真師が撮ったために、私たちの写真だとは言えないというのが写真史家たちの解析だ. ‘韓国人が, 韓国の地で, 韓国人と 風物を撮る’というのが私たちの写真だ. このような点で、1884年は、韓国で最初に写真館を開けた画家 池ウンヨン(種痘法を施行した医学者 池ソクヨンの兄)が、高宗皇帝の御真影を撮ることによって新しい歴史を開いた年として選ばれる. 高宗は新文物を受け入れるのに積極的だった帝王として, 写真に対してもだいぶ開放的な態度を見せたようだ. 当時、巷では世間では‘写真を 撮れば 霊魂が吸い取られる’という言葉が出回っていたのだが、そのうわさを高宗が一生懸命試してみせて、偽りであることを立証したわけだ. 第4部 ‘王室の肖像’は、写真導入に貢献した高宗及び純宗の日常を見せる.

20〜30年代の写真館で撮られた肖像写真コーナーをすぎると、1929年 韓国で最初に写真個展を開いた丁ヘジャン氏等、‘芸術写真’の道を開いたガン・デソク, 金グァンベ, ミン・ジュンシク, シン・ナッキュン氏の古典的作品が注目を引く. 3.1運動などを報道した日帝時代の初期新聞写真, 解放と米軍政期 朝鮮戦争を収めた記録写真は、それ自体に歴史が打込まれている.

40〜60年代芸術写真に力を注いだ作家を ‘サロンイズム’, 写実主義写真が充実していた作家を‘リアリズム’ 系列で分けたことも興味深い. 70年代、開発独裁に踏み付けられた韓半島を象徴的写真であらわしたカン・ウング, チュ・ミョンドク氏の時事雑誌フォトエッセーは‘写真の発言’について考えさせる. 第2領域に移れば、はるかに私たちの生活に近づいている. 白日写真から出発した、ある人間の人生が手札型写真, 郵政写真, 卒業写真, 結婚写真, 家族写真等に伸びていくのを見るのは大きな面白味だ. 芸能人をはじめとし、政治家, 文人, 芸術家等、優秀な人を撮った‘私たちの時代の肖像’, 美しい女性集は、からだを着色して眺めることができる‘ヌード写真作品展’, 有名な女優たちが総出動した‘消費時代の広告写真’は、窮屈で重い展示場の雰囲気を華やかにする楽しいコーナーだ.

3.15 不正選挙, 4・19革命, 5・18光州民衆抗争を報道した、各新聞社記者の報道写真が集められた‘時代の証言’は写真がもった‘巨大な力’を噴出している. 目に催涙弾を打込まれ、時代の爆薬になった金ジュヨン君の当時の写真が初めて公開されることも特記される.


hangyore2198_11_30_3.jpg (12932 バイト)(写真/フェリス・ビートが撮った'朝鮮門庭官')


この他に、韓国現代写真が広がってきた多様な分岐を17人の写真家たちの作品で総なめにした‘特別展’は、たらふく食べた後に出される果物のように、写真での飽満感で満ちた眼を冷やしてくれるこざっぱりした展示だ.


写真の開拓者たち… 印画の意味蘇生し


この‘記録することだけのことはあった’ 企画展は展示だけで終わるのではない. 12月4〜5日の二日間、芸術の殿堂 書芸館4階 文化広間で開かれるセミナーは、今回の展示を補完する側面で重要な意味を含んでいる. 120年韓国写真史をジャンル区別と時代区分という、二つの側面で裁断した企画者の見解を検討する場であるためだ. また、オリジナルプリントを重視するよりは、ネガティブフィルム中心に流れた、これまでの写真界慣行を点検する企画も用意されている. 印画する過程自体が創造行為なのに、これまで私たちの写真風土は印画を重視せずにでたらめだったことが事実だ. この問題は、写真が市場で適正価格線を形成しながら、取引品目として認められるかという関門でもあり、特に関心を集めるものと見られる.

今回の展示が終る時には、展示を主管した韓国写真史研究所 崔インジン所長が写真の歴史の草創期から解放の頃までを扱う、初めての<韓国写真史>をヌンビ出版社で編集して出す予定で、‘写真映像の年’を格好良く締めくくる慶事になるようだ.

チョン・ジェスク 記者


jjs@mail.hani.co.kr


--------------------------------------------------------------------------


Copyright 1995-1998 ハンギョレ新聞社
webmast@news.hani.co.kr

LiveSpot Information

Scrapbook from
Korea

InternetCafe

Words on the road

LinkCollection

front page

massage board 風窓
掲示板

mail to