2009年5月ハンギョレ21 762号

盧武鉉 前大統領 逝去を悼むろうそくの灯


[2009.05.29 第762号]

[特別企画] 盧武鉉 前大統領 逝去を悼むろうそくの灯
… 大統領当選の決定的契機として開始し、任期の終始 ‘市民メディア’になって追慕で燃え上がった‘参加政治’の象徴

□ アン・スチャン イム・インテク チョン・ジョンヒ


5月23日 午後, ソウル 徳寿宮 大韓門前にろうそくの灯が点った.
生前の笑顔の姿の傍らに誰かが芳名録をおいた. 既に市民たちの書き込みで埋まっている.
震える手でペンを握った痕跡が魚のような文字に現れている.
‘ジョン・シネ(政信愛)’という名前が感情を表す文で語る.
“20歳の時、ろうそくの灯を点して守りました. もう一度ろうそくの灯を点して、別の道を守るようになりました.”
ろうそくの灯は、盧武鉉 前大統領の生涯最後の7年を共にした.
これからまた彼の傍らに集まっている.
 

市民のろうそくの灯, 盧武鉉の支援になる
≫ その時, 豚型貯金箱に収められたのは政治資金だけではなかった.

参加民主主義に対する市民の長い間の熱望は、全く新しい方式の選挙参加を誕生させた.
2002年11月28日、京畿 富平駅広場で支持者たちに豚型貯金箱に集めたお金を受けとった盧武鉉 当時大統領選挙候補が喜んでいる.
写真 ハンギョレ イ・ジョングン記者

あらゆることはろうそくの灯から始まった.
下校中の女子中学生2名が死んだ.
米軍装甲車に轢かれたのだ.
2002年6月だった. ‘アンマ’というネチズンが、みな集まって追慕しようと提案した.
指導部がなくても人々が集まることができるということをその前は知らなかった.
ソウル市庁前広場に4万5千余名が集まった.
ろうそくの灯. 危なげに揺れる灯を点し、それを人々は懐に抱いた.

事件, 無名氏の提案, インターネット討論, 広場のろうそくの灯, 既成政治を圧倒する市民の力….
この時から‘ろうそくの灯政治’の文法が枠組を揃えた.

“反米なら、何だというのでしょうか.” 民主党大統領選挙候補 盧武鉉が話した.
1400度で燃え上がる数万のろうそくの灯の前に立った.
“米国に対して、政府はもう少し自律的でなければいけません.” ろうそくの灯が拍手を送った.
大統領候補が‘反米集会’に参加してもいいのかと、大統領選挙キャンプ内でも話題になった.
関わっていなかったろうそくの灯現場を訪れた時, 彼が念頭に置いたのは反米ではなく市民だった.

2002年6月以後,‘市民としてのろうそくの灯’は、決定的局面ごとに彼の支援になった.
2002年12月の大統領選挙敗北以後, ハンナラ党は‘ヒョスン・ミソン(註:米軍戦車に轢かれた中学生の名)ろうそくの灯集会による反米感情’を敗因に選んだ.
反米感情情緒まではわからないが、ろうそくの灯集会がイ・フェチャン候補の敗北, 盧武鉉候補の勝利と密接だったことは事実だ.
右派の‘ろうそくの灯コンプレックス’も共に開始した.
はなはだしきは、2008年の狂牛病牛肉輸入反対ろうそくの灯集会の背後に盧武鉉 前大統領がいると右派の人々は疑う.
賢明な疑惑ではない. ろうそくの灯の作動方式を相変らず理解できないのだ.
盧 前大統領がろうそくの灯を動かしたのではなく, 既成政治構造全体を不信に思う市民がろうそくの灯を点して消してまた点した.
“政治は相変らず特定政治家階級の職業的行為で, これに進入する経路自体をまさにその階級が独占している.”
 <愉快な政治反乱, ノサモ>にノ・ヘギョンがそのように書いた.
同じ本には“政治嫌悪の泥を吸った政治愛の蓮華”という表現も登場する.
‘市民たちの連帯’を通して政治改革を試みた盧武鉉 路線に対する詩的概念化だ.
実際に、2002年12月19日、彼が大統領になった時, 言論は‘ノサモの勝利’と書いた.
民主党の勝利と記録したら、不正確な表現になったことだろう.
民主党に先立って席を占めた‘ノサモ’は、政党秩序に服属出来ない平凡な市民を代表した.

貧しい家に生まれて高等学校だけ卒業した盧 前大統領にとって最高エリートが掌握した政党・官僚組織の障壁は高かった.
彼は、既成の政党・官僚政治と常に緊張していた. 彼が戦ったのは、地域主義以前に‘エリート主義’であった.
“名門家, 名門学校出身者は深く反省してみたら、と思います. 日和見主義身の振り方で個人的利益を図ってきたし, その中で不当に特権を得て引き起こしてきた過誤があまりにも多いのです.”
大統領選挙直前に出刊された<盧武鉉の色合い>という本で、彼はエリートで表象される既成の権力作動方式を批判する.
この点で彼は‘両金’と断絶する.
金泳三・金大中 大統領は、既成政党の力学構造から誕生した.
二大統領は並んで民主主義を標榜した.
しかし、保守政党または分派の力を借りた.
大統領 金泳三は、1990年3党の合同を経た民自党創党の産物だった. 大統領 金大中は、終生の宿敵 金鍾泌と手を結んだ‘DJP連合’の結実だ.
政治権力の上層をどのように分割して統合するかが彼らの話の種であった.
盧武鉉 前大統領は反対側を見た. 政治権力の底辺, 政治構造の郊外周辺から政治的支援を受けてきたのだ.


≫ ろうそくの灯は、盧武鉉 大統領の生涯最後の7年を共にした.
5月23日夜, 喪家前で市民が追慕のろうそくの灯を明らかにしている.
写真<ハンギョレ21> チョン・ヨンギル記者

ろうそくの灯に対する右派の根深い恐怖

‘ノサモ’は既に2002年の大統領選挙以前から主権在民と直接民主主義を標榜していた.
政治家 盧武鉉は、その意志を実現する人物とみなした.
彼らが“自律性を尊重する緩い連帯”を具現して, インターネットを基盤とする、疎通と地域小サークル形態の草の根組織を揃えた時, ろうそくの灯の進化は予定された手順だった.
2004年3月から3ケ月にわたった大統領弾劾反対ろうそくの灯はその頂点だった.
最大13万名が殺到したこのろうそくの灯は、議会の決定を無力化して憲法裁判所の判断に事実上圧力を加えた.
政党の外郭, 通りと広場とインターネットに偏在した市民の力を信頼した盧 前大統領の判断は正しかった.
政治家 盧武鉉と彼が表象する価値を守ってくれたのは、政党ではなく市民だった.
その威力を右派は早くから恐れていた.
ろうそくの灯を称する右派の用語は別にある. ‘ポピュリズム’だ.
“ポピュリズムは大衆の感情を支配するために一方的に叫ぶ興行だ.
いくつかの特徴はある. ‘反エリート’‘反知識人’‘復興史的道徳主義’のようなものだ.
今、私達の社会では大衆であれ, 大統領志望者であれ、そのような乱暴なポピュリズム風土にどっぷり染まっている.”(2002年4月6日, <朝鮮日報>リュ・グニル コラム)
たとえ、非難の脈絡に含まれることはあっても, 違うことは違う.
興味深いことに、この保守論客はポピュリズムにどっぷり染まった大統領志望者が反エリート主義と道徳主義を指向していることを知っていた.
2002年のろうそくの灯市民と2004年のろうそくの灯市民は、まさにその反エリート主義と道徳主義を強力に支持するために広場に出てきた.

ろうそくの灯は、しかし、限りなく揺れる.
2003年6月, イラク派兵反対を主張する市民たちがソウル市庁前広場でろうそくの灯集会を開いた.
2007年3月には、韓-米自由貿易協定(FTA)反対を叫ぶ市民がろうそくの灯を点した.
ろうそくの灯は大統領 盧武鉉と疎通する‘市民メディア’であった.
その風景はこれ以上珍しくなかった.
ただし、4年の間隔をおいて燃え上がった2つのろうそくの灯は‘盧武鉉はどこへ行くのか’を問うた. ろうそくの灯は彼の歩みにクエスチョンークを付けたのだ.
盧 前大統領は、そのろうそくの灯に賢明に答えられなかった.
むしろ、政治システムの上部構造に退行した.
ハンナラ党と大連合政府をなして底をついた政治支援を補充しようとした.
直接・参加民主主義に対する彼の信頼が揺れて, 市民のろうそくの灯も消えた.
100万名が集まった2008年ろうそくの灯は、盧武鉉 前大統領を記憶する場ではなかった.
‘反 李明博政府’を掲げた.
李明博 政府に反対することは盧 前大統領を支持することではない.
しかし、李明博 政府は誤認した.
市民が不信に思うことは既成政治構造全体だということも識別されなかった.
ろうそくの灯を見て、もう一度 盧 前大統領を思い起こした.
世の中に存在する‘盧武鉉のあらゆる遺産’を清算しようとした.
その中には、盧 前大統領を直接狙った検察捜査も含まれる.
彼の死はろうそくの灯に対する右派の根深い恐怖と関連がある.
そして、その恐怖はまたろうそくの灯を呼び集めている.
これから何を守るのか
続いて燃え上がるだろうか? いつまで、どこまで広がるのか? 昨年のような大規模ろうそくの灯を楽観する者は多くない.
政権の弾圧があり, ろうそくの灯が前面に押し出すスローガンも相変らずはるかに遠い.
キム・ミニョン参加連帯事務所長は
“盧武鉉 前大統領の死が、ろうそくの灯がまた起きる起曝剤になるだろうが, 追慕の波がどれくらい広がるかは予測するのが難しい”
と話した.

5月23日、大韓門前で書かれた芳名録の文は大部分が後悔と反省の告解であった.
守ってあげられなくてすまなくて, 今となっては懐かしいことが恨めしいと書いていた.
‘ジャヒョク・ジャヒョン パパ’も文を残した.
“あの時、いっそ彼らを防げば良かったと思います.
貴方を弾劾するという彼らから貴方を守るためにこの場にきた時は、このような事が起こることを想像もできませんでした.
すでに貴方が恋しいです.”ジャヒョクパパが‘貴方’にまた会うことはないだろう.
‘貴方’は世を去った.
‘貴方’は良くて、時には憎くて、ろうそくの灯を取り巻いた人々はそれでも‘貴方’のいないこの世の息をふきかえすべきだ.
またろうそくの灯を点したジャヒョクパパは、これからそのろうそくの灯で何を護るか悩まなければならない.
あそこに, 人々が行く.
アン・スチャン記者 ahn@hani.co.kr・イム・インテク記者 imit@hani.co.kr ・チョン・ジョンヒ記者 symbio@hani.co.kr