"風窓"webでのGoogle Earth

"風窓"web では、これまで公演会場などの所在地をわかりやすく示すために地図を掲載してきました.それは韓国語がよくわからない日本人でも会場へたどり着けるためのもので、これからも継続していきますが、Google Earthでも表示できるように整備を進めています.

それは、位置関係を簡単に把握できる、ということもありますが、なによりも、楽しい!からです.あの時行って楽しんだライブハウスはここにあるんだ、と、行った後でも画像を見ながら思い出せますし、見ているうちに新しい発見をすることも多いのです.

"風窓"web 作成ロケーションデータファイルをダウンロード(必須)
Google Earthのインストールが済んだら、まず、"風窓"web 内 の最新ロケーションデータファイル("風窓"web で作成した、公演会場やライブハウスなどの位置情報が収められています)を必ずダウンロードしてください-こちらです .
1クリックでダウンロードが完了し、Google Earthが自動的に起動して、その内容が表示されます.

ロケーションデータファイル(ファイル名(フォルダ名同じ):kazemado_seoul.kmz)は"Temporary Places"という一時的な場所に置かれますので確認してください(左の画像参照).
保存するには"File"メニューから"Save as"で任意の場所に保存するか、保存したいPlacemarkを"Temporary Places"内から"My Places"内へドラッグアンドドロップで移動することもできます(以後はそのまま保存されます).


一番簡単な保存方法は、そのまま終了しようとすると表示される下のダイアログボックスを使うことです.


つまり、一時的に取り込んだロケーションデータファイルを保存しますか?と訊いているわけです.
「Yes」を押せばGoogle Earth内の"My Place"フォルダに位置データが一括保存され、次回からGoogle Earthを開くと一覧がメインスクリーンの左側上の"Places"窓に表示されるので便利です(必要がなければ「No」ボタン、操作を続けるなら「Cancel」ボタンを押します). また、必要のない位置情報はそれぞれマウスの右クリックで現れる"Delete"で削除できます.

*このロケーションデータファイルは随時更新しますので、更新情報で確認してダウンロードしてパソコン内のファイルも更新することをお勧めします.

それ以降は、"Google Earthで見るならこちら"の表記を見つけたらクリックしてみてください(例えばNANTA情報ページなどにあります).自動的にGoogle Earthが起動して、その会場と周辺の画像が表示されます.下の画像はその一例です.


"風窓"web で作成した位置データが表示されるわけですが、その際には画像の中央に"Google Earth Placemark"という表示があります.しかし、それは Google Earth の仕様であり、"風窓"web として意図したわけではありません.つまり、あまり意味がないので邪魔な場合はメインスクリーン左側上の"Places"内の一番下に表示される"Google Earth Placement"のチェックを外すと表示が消えます.
また、このように取り込んだ位置データは「File」メニュー内の「Save as」やマウスでのドラッグアンドドロップで("Temporary Places"内から"My Places"内へ移動)個別に保存できます.保存せずにプログラムを終了しようとするとやはり上記のダイアログボックスが表示されます が、こちらの場合は「No」で構いません.

また、"風窓"web 内での複数のリンクによって同じ位置データをだぶってダウンロードしてしまった場合に以下のようなダイアログが表示されることがあります.

これは同じデータを再度取り込むかと訊いているのですが、同じデータなので「Yes」でも「No」でも表示自体は変わりません.しかし、同じようなケースでまたダイアログが表示されるのは煩わしいので「Always(don't ask again)」を選ぶことをお勧めします.これで、次回からはこのようなダイアログは表示されなくなります.

他にも使い応えのあるGoogle Earth、さっそくインストールしてみてください.
 

 

前のページ/データ更新編